これも特許申請できるんだって驚きます

驚くべきことにこんなものが特許申請の対象になるのっていう物まであります。例えば割引のシステムがそうです。こんなことが特許申請の対象になるのかといえば答えはYESです。特許申請に関する事柄は知的財産権に係り、形のない物事のアイデアや考え方などもその対象になるのです。今は便利なカードに現金をチャージして買い物や鉄道などに利用できるマルチプリペイドカードを例に取ってみるとその現金を利用しない支払方法はもちろん特許申請が出来る事柄の範囲に入ります。そしてこのカードに記載されたオリジナルで編み出されたマークやカード上に使用される文字とその形なども特許申請をすることにより、他社が真似して使用する事は出来なくなります。現在ではニュースでも取り上げられるアジアのとある国が特許申請で得た権利をたやすく侵害する事で有名になっていて、この特許申請によって得た権利に関する事態には世界的に大きな波紋を呼んでいます。